Ducati story 「evo my love」

走りに賭ける孤高の無気力オヤジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのツーリング

こんにちは、55少年です。

会社の後輩Kと、久しぶりの日帰りプチツーに行ってきました。

本当は岡山方面に1泊2日の予定だったのですが、極端に雨を嫌うKが…

「やめましょうよ」と、降水確率40%でビビッてしまい。

「こっちは行く気モードに入っとんねん❗️」と逆らってはみたものの、

皮ジャン傷むだの、何だのとゴネたおし、結局越前海岸まで海鮮丼を食べに行くことに。

9時に琵琶湖大橋は米プラザで待ち合わせ。湖西道路を北上。

途中、マキノでメタセコイアの並木道に寄る。



やはりここは冬の寒い時期、雪が降り積もる景色がみどころ。

しかし並木を通り過ぎていく風が心地よい。

充分に休憩を取りながら、約2時間で越前海岸に、

心地よい潮風に吹かれながら、目的地の食堂えちぜんに到着です。

窓からは漁港が広がり、


そしてお目当の海鮮丼


ここ越前は、冬はもちろん定番のカニ。雪深いところなので、もちろんバイクは無理。

そして今の時期は、かぶりつきの海鮮丼。

「やっぱ来て良かったっすね」とK。

あのまま岡山でも良かったが、越前も捨てがたい。何せ海沿いを走れるからね。

「今度こそ岡山行きましょ、7月に」

「そやねぇ」

お腹がふくれ、閉じかけた瞼に、港の光りがチラチラと揺れていました。



スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 16:00:15|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ辞めるんだ

こんにちは、55少年です。

昨年の5月末に前職を辞してはや8か月。今は新しい会社の製造責任者として忙しい日々を送っています。

この間、正社員として製造スタッフを幾名か採用し、今はそのほとんどが辞めてしまいました。

最後まで残っている沖縄と長崎五島列島出身の2人も、ついに今月末に辞めてしまいます。

35才と33才、決して若くはありません。この先には厳しいものが待っているでしょう。

わかったことは、この世の中は腰の落ち着かない人が職をコロコロ代わっている事実があまりにも多いということ。

辞める理由は、
サラリー、人間関係、職場風土のいずれかか、その複合要因。

小生の会社は面接時に会社の欠点、現実をすべて話した上で、それでも良かったらどうぞという姿勢できてもらっているので、

でもこうした現状を見て、採用はむずかしいなあと思います。

辞めてどうすんの?



先のことはわからないが、とりあえず辞めたいの一心。そしてまたいちから職探し。

金無し嫁無し車無し

むなしい、泣きたい夜。思い悩み不安がり、でも光明を見出せず。

そんな悩み事をずいぶん聞いてやりました。

なぜこんな事になってしまったのか、こんなはずでは…。

小生には助けることは出来ません。

しかしあまりにもこういう若者が多いことに、この国の現実と病みが見えます。

低賃金化、長時間労働、挙げ句の果ては格差。

食費を抑え、同じ物を着、安い賃貸に住み、帰る故郷に職はない。

そしてまた履歴書を持って面接に行き、爽やかな作り笑顔でハジをさらす。

もういいじゃないか。それより現実をしっかり飲み込んで頑張ってみないか。

先のことは考えず、今を生きる。継続は力なり
と言うではないか。

バルブ以降、金融不安やリーマンショックで、1番痛手を受けたのは就職環境だと思います。

非正規労働者という言葉には、落ち目や負け組という意味も見え隠れしています。

前職を含め数多くの非正規労働者を見てきました。正社員へのあこがれもずいぶん聞いてはそれを砕く残酷な話しもしました。

私も子を持つ親として、早くから言って聞かせて来ました。娘は今医療事務の正職として働いています。

明日もう一度二人を呼んで、話しをしようと思っています。



  1. 2015/02/10(火) 14:20:26|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年 明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
55少年です。

ドゥカティは現在シートをかぶって冬眠中ですが、エンジンだけは休日毎にかけるよう心掛けています。

最近はジムニーばかりイジっているので、今年はevoをどうするか思案中です。

しかも6月に初めての車検を控え、あまり無茶な改造もできないぞと思っています。

しかし、車検時を利用して、まずはフロントフォークをOHLINSに替えるという手もありかななんて考えたり、

どうせならそのときセパハン化にするかとか、頭の中グルグル駆け巡っております。

昔は街のバイク屋さんなんかで、チョチョっと改造なんかしてくれて、

「気つけて走らなあかんでぇ」などとオヤジから冷やかしを受けたものですが、

最近はやたら正規代理店なるカンバンが増え、絶対に違法や改造には手を貸さなくなってしまいました。

フロントフォーク交換自体は問題なくても、セパハンはどうなんだろう?

AERAのパーツならやってくれると思うけど、一度ドゥカティ京都に聞いてみて、

それでダメなら、鈴鹿あたりにそれ風の店でも探すとします。

今年もケガ無く、無事故無違反でバイクライフをエンジョイします。

  1. 2015/01/09(金) 09:59:39|
  2. バイク ちょいネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーシー風シートカウル

お久しぶり、55少年です。

ラベレッツアから送られてきたNEWカタログを見て、前から気になっていたシートカウルがいよいよ欲しくなってきました。

ラベレッツアは熊本にあるドゥカティの代理店プラスカスタムショップ。

そして鈴鹿8耐にチャレンジし続けている活きのいいお店です。

一度行きたいと思ってはいますが、関西からではチョッと遠いですからね。

またまた電話☎️で在庫を確認し、通販で送ってもらうことに…。

いつもながら、早くて丁寧。商品もきれい。

さすがレースをやっておられるだけあって、塗装の仕上がりもしっかりしています。

届いたその日に早速装着。


装着前

装着後





わかりにくいですが、ちょうど腰に当る部分が小物入れになっています。

カウルサイドは広く取ってあり、ゼッケンが貼りやすく、ヤル気を駆り立てます。

ただし、小生は遠慮しときますけどね
  1. 2014/12/23(火) 09:11:37|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テルミ装着

こんにちは、55少年です。

嫁さんのバックオーライを信じてバイクを倒してしまいました。

アーぁ

自慢のチタンマフラーがベッコリとへこみ、無惨な姿に…

ラベレッツアに発注したせっかくのマフラーですが、気持ちを切り替え

前から考えていたテルミニョーニ製のカーボンマフラーに交換しました。







もちろんコンピュータもデータ書き換えをしました。

キーON時に「EU」の文字が眩しく映えます。

これで今までとは別物ですよ、とショップから言われ、

マフラー音からして戦闘的なサウンドに変わりました。

バッフルなど抜こうものなら轟音
肝心の走りはえげつなく変化し、サーキット仕様に変身しました。

マフラーでこんなにかわるもんなんですね、参った参った^^;

  1. 2014/06/02(月) 16:39:02|
  2. ライテク・改造ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。